ニュース

公園に車が突っ込む、園児をかばった保育士の名前は?どこの保育園?

こんにちは、ゆうです。

公園の砂場で遊んでいた園児たちに、乗用車が突っ込むというなんとも恐ろしい事件が起きました。

今回はその事件内容と、園児をかばった保育士さんに焦点を当てお伝えしたいと思います。

ぜひ最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

事件の内容

千葉県市原市五井中央西の公園で、遊んでいた保育園児5人と、その近くにいた女性保育士に乗用車、(プリウス)が突っ込みました。

保育士が園児をつき飛ばし、守ったようです。

場所は砂場であったようで、場所も幸いして、怪我は骨折ですみました。もし下がもっと固いコンクリートだったら、よりひどいことになっていた可能性もありますので、良かったです。

公園の誓うにあったコインパーキングを出ようと思ったら、急に車が発進したとかなしており、前にも似たようなことが起きたことがあるといいます。

現場のコインパーキングは乗り出しやすく傾斜になってたというとで、アクセルを軽く踏んだだけで、思ったより、発進してしまうのかもしれません。

園児をかばった保育士の名前は?

くまなくツイッターや、ニュースを見ましたが、名前は出てきませんでした。

年齢は30歳であることはわかっています。

わかり次第追記したいと思います。

自分の命をかけ、園児をかばったという行為は、いくらとっさにとった行動だったとはいえなかなかできることではありません。

何かしらの形で表彰などでその行動をたたえ、世に広まることになるといいなと思います、

子供を預ける親からしたら、このような保育士さんがいることはとても心強いですよね。

スポンサーリンク

どこの保育園?

千葉県市原市五井中央西の公園での出来事でしたので近くの保育園だったということが推測されます。

公園の名前は梨の木公園といいます。

近くの保育園は

・保育園はーもにぃ

・森の保育園

・よつば保育園

の3つが挙げられます。

公表は今のところされてませんでした。

まとめ

園児をかばった保育士さんの命が無事で何よりでした。

そして保育士さんの行動がなければ、体の小さい子供達は、命を落としていた可能性もあります。

車の事故で幼い子の命が奪われるのは、本当になくなって欲しいです、

今一度、運転のマナーや最新の注意を払うように運転手さんは気をつけてもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。