文化人

高梨智樹(ドローンパイロット)の経歴と年収、勤務先。(情熱大陸)

こんにちは。ゆうです。

今回は情熱大陸にて高梨智樹さんが特集されました!職業はドローンパイロット!ドローンパイロットってあんまり来たことがないですよね。しかしとっても気になります。

今回は高梨智樹の経歴と年収、勤務先、そしてドローンパイロットとは何なのか?をお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

ぜひ最後まで読んでいってください・

スポンサーリンク

高梨智樹の経歴、プロフィール

・1998年神奈川県生まれ

・現在20歳

・識字障害あり、ひきこもりがち少年、体が弱い

・2016年国内大会で優勝

・世界大会への出場経験あり、日本代表

・18歳でドローン専門会社を父親とともに設立

情熱大陸に20歳で取り上げられる人物がいるでしょうか。かなり驚きでした。

今ではテレビに取り上げられるほどの大活躍ですが、小さい時は体が弱く引きこもりがちだったんです。

その当時を見たら、今の活躍ぶりを想像できる人はいなかったかもしれませんね。

ドローンに出会ったきっかけ

父親の勧めでラジコンヘリコプターをすすめたのが、ドローンに興味を持つ始めの一歩になります。

なんとか我が子を前向きに外に出させる秘策だったかもしれませんね。

高梨さんは中学生の時に、ドローンの飛行映像に衝撃を受け、パーツを取り寄せながら組み上げてしまいます。

組み上げてしまえるだけかなりすごいですよね。まさに天職です。

ドローンパイロットてなに?

ドローンで生計を立てている職業パイロットのことをいいます。

空撮や、高梨さんは特別な許可も取得しており、災害状況を把握するための撮影なども行なっています。

上記の画像は高梨さんのドローンのアクロバット飛行です。離れているところから操縦しているとは思えない、人が乗っているかのような飛行技術でした。

最近では、映画やドラマなどでもドローンの空撮の映像が使われてりしてますよね。

ドローンは低空でも飛べることができるので、様々な場所に適応できるんです。

スポンサーリンク

高梨智樹の勤務先

無人航空機のドローン会社「スカイジョブ」の会社を経営されています!

高梨智樹の年収

ドローンパイロットの年収は平均300〜500万円。

空撮や、建設業の点検のどの業務が主になるんです。

雇われでMAX 500万ですから、高梨智樹さんの年収は1000万越えと予想します。

またドローン業界はまだまだこれから盛り上がっていく分野なんです。

市場規模10兆越えと予想されており、今はまで2兆にも満たしていない状況なんですよ。

まとめ

高梨智樹さんと、ドローンパイロットについて深く知ることができました。

ドローンパイロットは少し前まではなかった職業ですよね。これからも時代の変化とともにあたれしい職業が生まれれば、より若い世代が活躍できるのではないかなと感じました。

どうしても存在している仕事だと先駆者がいますからね。

高梨智樹さんの今後の活躍により期待したいと思います。今よりも様々な場面でドローン撮影の技術が使われるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。