ニュース

阪急電車の電車内広告、はたらく言葉たち。ツイッター炎上!会社名は?

こんにちは。ゆうです。

阪急電車の電車内広告のメッセージが酷いとツイッターで話題になっています。

今回はその電車ない広告について、そして会社名はなんなのかをお伝えしたいとおもいますのでよろしくおねがします!

ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

阪急電車の電車内広告(はたらく言葉たち)ツイッターで炎上!

メッセージがブラック企業を連想させるとして、批判を食らっています。

読む人が読めばブラック企業を美徳化するような意味合いに捉えることが出来るような内容です。

やりがいあれば安月給でもいいでしょ?って言われてるような感じがしますよね。

阪急電車の電車内広告(はたらく言葉たち)会社名は?

会社名は株式会社パラドックス になります。

5月より令和となりましたが、
変わりゆく時代の中で、変わらないもの。

それは、世の中をより豊かにしようと働く人々の想いではないでしょうか。新しい時代に入ったこのタイミングで、

改めて、働く皆さんが自らの仕事に誇りを感じていただけるきっかけになればと思い、明治時代から働く人々を毎日乗せて

走り続けてきた阪急電鉄とのコラボレーションが実現いたしました。

引用 株式会社パラドックス 公式ホームページ

はたらく人たちに向けたメッセージは本まで出版されています。

事業内容としては広告業を主にし、ウェブや、映像など幅広い分野で活動されているんです。

阪急電車の広告掲載期間は6月1日から30日までの間になります。

またまだ話題に上がりそうですね!

スポンサーリンク

ネットの声


広告を見た人がツイッターで批判的なコメントをたくさんしていました!

確かに仕事終わりで疲れ切って電車に乗ってこの広告を見たら嫌気がさす人は一定数いるのかなと感じました。

僕はそんなに批判的な感情には正直なりませんでした。

やりがいはある程度大事だと思っています。

ツイッター上でも肯定的な意見もちらほら見られました。

まとめ

全員に賛同を得られるようなメッセージの広告なんてないと思うので、炎上してますが、企業側は気にしなくていいと思います。

対応だけしっかりした方がいいとは感じますが。

メッセージ系の広告はいろんな意味で面白いので要チェックですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!