ニュース

富士山落石事故の被害者女性の身元は誰で名前は?原因や落石場所はどこ?

こんにちは。ゆうです。

富士山の山頂付近で落石があり、被害者が出る事件が発生しました。

富士山落石事故の被害者女性の身元は誰で名前は?落石場所はどこ?についてお伝えしていきますので宜しくお願いします。

ぜひ最後まで読んで入ってください。

スポンサーリンク

富士山落石事故の被害者女性の身元は誰で名前は?

概要はこちらになります。

富士山の山梨県側登山道の頂上付近で26日、女性が落石に当たり死亡した事故で、山梨県警富士吉田署は女性の身元を東京都品川区北品川、ロシア国籍の主婦、アンナ・ドゥブロビナさん(29)と明らかにした。同署などによると、ドゥブロビナさんは日本人の夫と25日午後9時ごろ、富士吉田登山口から登山を始め、26日午前5時ごろ、落石を頭や胸に受けた。5合目に運ばれたが死亡が確認された。死因は外傷性心肺損傷。

事故を受け、山梨県は標高3450メートルに当たる8合5勺(しゃく)地点から山頂までの登山道を通行止めにして安全を確認していたが、午後6時に解除した。

現場付近は昨年10月の台風の影響とみられる石積みの崩落で通行止めになり、今年7月9日に仮復旧したが、石をネットで覆い、一部は登山道の幅が狭くなっている。

富士吉田署は、落石が自然発生したのか、上を登っていた人が落としてしまったのかなど、詳しい状況を調べる。

引用 産経新聞

被害者女性の身元は

・東京都品川区北品川

・ロシア国籍

・アンナ・ドゥブロビナさん(29)

になります。

富士山落石事故の原因や落石場所はどこ?

現場付近は昨年10月の台風の影響とみられる石積みの崩落で通行止めになり、今年7月9日に仮復旧したが、石をネットで覆い、一部は登山道の幅が狭くなっている。

引用 産経新聞

富士山落石事故の原因は調査中とのことですが、予想として以下のことが考えられておりました。

・富士山に登る際、服装などが軽装だった。

・台風の影響で通行止になっていた箇所は復旧不十分だった

・多くの登山客が訪れたことが原因で、故意ではないが、上を登っているものが、石を落としてしまった。

ヘルメットを本来ならかぶることが必要なのですが、多くの方がかぶっていないという状態のようです。

また、手頃な転がってしまいそうな石も多く、登山者が落石を引き起こしてしまう可能性も十分にありました。

場所は、復旧を行なった5合目付近になります、一般に「吉田道」と呼ばれる場所。報道では吉田口登山道と須走口登山道の合流地点から山頂までの間(山頂付近)とされています

歩ける幅が少なかったということで、落石にもしかがついても避難する場所さえなかったと考えられます。

スポンサーリンク

ネットの声

多くの方が富士山登頂の危険性を感じた、そのようなコメントがありました。

なんか気軽に登れてしまうような印象がどうしてもあるので、そういった認識がこのような事件を発生させてしまったのかもしれませんね。

ヘルメットをかぶっていたかどうかはわかりませんが、軽装で登る人が多すぎとツイートが多く見られましたので、帽子のみの人もたくさんいることになります。

まとめ

今回、外国の方が被害に遭われたということで、日本の名所を訪れてくれたのになんだか、やり場のない気持ちになってしまいます。

自然に事故はつきものですが最大限このような事故が起きないように、対策などが施されるといいなと強く感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

追記、新証言があり、落石させてしまった可能性があることがわかりました。

富士山落石死亡事故で石を落としたのは誰で名前は?こんにちは。ゆうです。 富士山山頂付近で落石事故があり、ロシア人女性がお亡くなりになられました。 一時は、自然現象によるもの...