ニュース

桐永洋(報ステチーフプロデューサー K)の顔画像、経歴、学歴は?

こんにちは。ゆうです。

桐永洋(報ステチーフプロデューサー K)の顔画像、経歴、学歴は?についてお伝えしていきますのでよろしくお願いします。

ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

報ステチーフプロデューサーがセクハラ!

概要は下記になります。

「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)
K氏は40代後半の妻子持ち。昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。社員の一部からは、安倍総理と“メシ友達”である会長の子飼いだと指摘されていたという。「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出

桐永洋(報ステチーフプロデューサー K)の顔画像、経歴、学歴は?

名前 桐永洋

・年齢 49歳

・生年月日 1970年

・早稲田大学

・広島県出身

彼は非常に優秀でヘッドハンティングのような形で報ステを任されました。任されてからの報ステは方針の変更が裏目に出ており、視聴率の低下、炎上を繰り返していました。

スポンサーリンク

ネットの声

様々な声が寄せられており、

・さすがに今日の報ステでスルーはないでしょう。スルーするようなら炎上間違いなし。

・これは自分の番組で報道するのかな。

・実名報道でお願いします。

・少しだけ触れて、さてスポーツです。の流れだと思う。

・上層部の腰が重かったのはなぜだろう。

報道ステーションは忖度をしない切り込む番組であったことから、非常に高い視聴率を誇っていました。

しかしながら、7月に桐永洋チーフプロデューサーに変わってからは、安倍政権の批判報道をしなくなったりと忖度が目立ち、視聴者が違和感を感じる場面もありました。

また実名報道をとあるニュースでしたことが炎上の火種になっています。

まとめ

視聴率の低下の話をよく耳にしていましたが、とどめを刺されたようなニュースでしたね。

番組から、何かしらの説明がないと、さらに炎上してしまうのではないかなと思ってしまいます。

起こしてしまった問題に対してしっかりと対処してほしいなと感じました。

最後まで読んでいっていただきありがとうございました。