ニュース

ペイペイフリマ(paypay)の感想、レビュー!メルカリ、ラクマとの手数料の違いは?

こんにちは。ゆうです。

ペイペイフリマ(paypay)の感想、レビュー!メルカリやラクマとの手数料の違いは?についてお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

ぜひ最後まで読んで行ってください。

スポンサーリンク

ペイペイフリマ(paypay)リリース!

概要は下記になります。

ヤフーは、メルカリ対抗のフリマアプリ「PayPayフリマ」の提供をiOS先行で本日(10月7日)開始しました。Android版の提供は10月末を予定します。

「PayPayフリマ」は、メルカリや楽天ラクマの対抗となる個人間取引アプリです。出品手数料はメルカリと同じ10%で、楽天ラクマの3.5%に比べると割高となっています。

特徴は、スマホ決済「PayPay」との親和性の高さです。売上金をPayPay残高にチャージできるほか、商品をPayPay残高で購入することで、決済額の1%のPayPayボーナスが付与されます。

また、面倒な『価格交渉(いわゆる値切り)』の簡便化を目指したといい、商品の詳細ページに「価格の相談」ボタンを設置。購入者はそこから相談したい価格を入力して、出品者に希望価格を意思表示できます。出品者は希望価格に応じる場合のみ。同意ボタンをタップするだけで取引が成立します。

また、送料は原則出品者負担とするなど取引の簡略化を図っています。

▲「価格の相談」ボタンで値下げ交渉を簡略化

さらに、別サービスである「ヤフオク!」とも連携し、「PayPayフリマ」アプリ内から「ヤフオク!」に出品されている商品を購入することも可能。その場合は、個人出品や固定価格などの条件を満たした商品が対象となります。

なお、本日より出品者負担の送料をヤフーが全額負担するキャンペーンを実施。また近日中に「PayPayボーナスライト」が獲得できる大型キャンペーンも実施します。

引用 ライブドアニュース

ペイペイフリマ(paypay)のメルカリ、ラクマとの手数料の違いは?

PayPayフリマはメルカリとの手数料と同じ10パーセントになります。

・PayPayフリマ、送料無料 手数料10%

・ラクマ 送料自己負担 手数料3.85%

使い方やデザインは上記とほぼ同じでパクリ過ぎなどと言われるくらい似ています。

特徴としては

・ヤフーID.が必要

・PayPayとの連携が必要

・ヤフオクの評価が受け継がれる

スポンサーリンク

ペイペイフリマ(paypay)の感想、レビューは?

様々な声がありました。今は500円の割引券と送料無料キャンペーンをしているのでお得で使い勝手も同じなのでいい!という評価がおおくありました!

・PayPayフリマ、個人的には何のメリットもないな…購入者は送料無料!って結局送料込みと同義だし、料率もメルカリと一緒だし。やっぱりラクマの人口増えてほしい~。

・paypayフリマがリリースされましたね!500円割引券と送料ヤフーが負担という事で凄いお得になってます。出品しますので、シャインマスカットで検索してくださいね。

・送料込みならわかるけど送料無料とは違う気がするけどね。

※キャンペーンで今はほんとに送料無料らしい。

・基本的な使い方はメルカリやラクマと一緒ヤフオクと比べるとだいぶ使いやすくなった印象です

ペイペイフリマ(paypay)の感想、レビューは?メルカリ、ラクマとの手数料の違いは?についてのまとめ

資金力がかなりあるペイペイによるフリマ産業への進出は今後どうなるかが見所ですね。

基本的な使い方は同じなのでキャンペーンの打ち方などでユーザーの流れがどう変わるのかが鍵ですよね、

三つ巴になりそうですが、ラクマはユーザーが少ない印象です。他の企業の動きによってもだいぶ変わってきそうです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。