ニュース

AIの自動運転死亡事故動画や、原因!罪には問われる?

AIの自動運転による死亡事故が初めて起きました。

AIの自動運転死亡事故動画や、原因!罪には問われる?

についてお伝えしていきたいと思いますのでよろしお願いします。

ぜひ最後まで読んで読んでいってください。

スポンサーリンク

AIの自動運転死亡事故動画や、原因!罪になる?

動画は下記になります。

AI車が最後まで人間と判断することが出来なかったというのが、一つの原因になります。

また試験運転なのでドライバーが在籍していましたが、ネット動画配信サービスHuluを視聴していたようです。

横断歩道などを歩行してる場合などは、しっかり認知できるシステムなどが備わっています。

事故が起きたのは横断歩道の100メートル手前になります。

しかしながらこの動画を見ると暗闇の中から、急に飛び出してきており、人間が運転してても事故は防げなかったような状況に見えます。

アリゾナ州の州都フェニックスから自動車で20分ほどの郊外、テンピ市。この夜9時58分、49歳のエレイン・ヘルツバーグ氏は自転車を押しながら、4車線のノース・ミルアベニューを歩いて渡ろうとしていた。

横断歩道のある交差点から100メートルほど手前の路上。通りを渡り終わる前、ヘルツバーグ氏は右から来たウーバーの自動運転車にはねられる。自動運転車は2017年型のボルボXC90をウーバーが改造したもので、一帯で試験走行中だった。ヘルツバーグ氏は搬送先の病院で死亡が確認される。ウーバー車の運転席にいたテストドライバー、44歳のラファエラ・バスケス氏にけがはなかった。

ウーバー車のAIシステムがヘルツバーグ氏を捉えるのが、衝突の5.6秒前。時速44マイル(約71キロ)で、ヘルツバーグ氏との距離は1キロほどある。この時はヘルツバーグ氏を「自動車」を認識している。

そして衝突の5.2秒前に、今度はヘルツバーグ氏を分類不明の「その他」と認識。さらにその後、衝突の2.7秒前にかけて、「自動車」と「その他」の間を、AIの分類が行ったり来たりする。

衝突2.6秒前。AIは、ヘルツバーグ氏を初めて「自転車」と認識する。だが、ヘルツバーグ氏を「静止」状態と認識し、ウーバー車の進行方向には向かっていない、と判定している。その距離はすでに500メートルほど。

衝突1.2秒前、ヘルツバーグ氏を「自転車」と認識した上で、ウーバー車と衝突することを初めて認識。危険を感知し、作動制御のシステムが始動する。

その1秒後、衝突0.2秒前になって減速が始まると同時に、ドライバーのバスケス氏に警報で危険を知らせる。すでにヘルツバーグ氏との距離は35メートルほど。 バスケス氏がハンドルを手にして自動運転を終了させたのが衝突の0.02秒前。

しかし、ウーバー車はヘルツバーグ氏に時速39マイル(約63キロ)で衝突。そしてバスケス氏がブレーキを踏んだのは、衝突から0.7秒後だった。

引用 Yahooニュース

ネットの声

様々な意見がありました。

たしかに人が運転する際の、事故発生の数もはっきりしてないのにAI車が事故を起こした時に袋叩きするような感じは見ていて、違和感を感じます。

悲しむ人を少なくし、より便利になる未来ある技術だと筆者は感じます。

スポンサーリンク

まとめ

あくまで試験運転なので、こういった事故が起きる可能性は大いにあります。

動画を見る限り、普通に人間が運転していても避けれなかったように見えます。

勘違いされるようなニュースが増えると自動運転のイメージにも影響されるので報道の仕方には気をつけるべきだと感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!