芸能人

間瀬翔太の経歴や昔は?彼女はいる?病院の場所は?

爆報THEフライデーにて、難病により顔を失ったイケメン俳優として、間瀬翔太さんが特集されます。

顔を失うって、俳優関係なくとても想像できないような状態ですし、俳優さんしてたら余計にだと思いました。

間瀬翔太さんは昔どのような感じの方だったのかが気になりました。また現在の病院の場所や彼女がいるのかもまとめました。

間瀬翔太33歳の経歴や昔は?病院の場所はどこで彼女はいる?

についてお伝えしていきますので宜しくお願いします。ぜひ最後まで読んでいってください。

間瀬翔太33歳の経歴

主な経歴は下記になります。

・2004年、スカウトされアイドルグループ「BLIZZARD(ブリザド)」メインボーカルとして芸能界デビュー

・2006年にグループ解散後は端正な顔立ちを活かして俳優としても活動を始め、映画、テレビドラマ、バラエティー番組などに出演

・ドラマ、家政婦は見た!のエンゲィングテーマに新曲が起用される

・今年1月は映画画監督・園子温氏から出演オファーを受ける 愛なき森で叫べのサブロー役

・2019年6月に体調不良により、病院へ

・2019年7月に、耐えられないほどの頭痛を発症、病名が発覚→7時間にも及ぶ手術

・難病 脳動静脈奇形と闘病中

・病気と闘う姿勢をSNSにて発信、インフルエンサー活動も。

俳優を軸に活動をされていました。過去メインボーカルで活動してた経験は今にもいきていて、ドラマのエンディング曲にも起用されるという多才ぶりなんです!

映画などにも活動の幅を広げて、芸能生活は順風満帆だと思っていた矢先に、難病に見舞われてしまったんです。

言語障害や、その他の後遺症が残るリスクを抱えながら、手術に立ち向かい、現在は顔の状態も良好で、多岐にわたる活動をしています。

間瀬翔太さんは脳動静脈奇形という自信が患った病気を難病指定にする署名の活動や、病気のことを知ってもらう活動やプロジェクトをしています。

脳動静脈奇形は小児しか、難病指定されていないんです。難病指定されれば、より多くの人の命が助かるようになるそうで、多くの人が賛同し、署名をしていました。

高額な医療費もかかりますし、家庭によっては十分なサポートが受けられないことがあるんです。

・治療費の自己負担が軽くなる

・国からの補助金

・交通費の免除

・障害者手帳の取得

多くの署名が集まり、22000人もの人が賛同しています!僕も賛同させていただきました。金銭的な負担はなく署名をするだけでりからになれるそうです。

間瀬翔太33歳の昔は?

間瀬翔太さんは、俳優をやる前は、アイドルグループに所属をしており、芸能関係の仕事につくまではなんと暴走族をしていたんです。

これは間瀬さんのブログにも書かれていたことになりますので事実になりますが写真等は公開されておりませんでした。

間瀬翔太33歳は彼女はいる?

間瀬翔太さんは未婚、独身になります。

結婚願望があることは病気の後にも話しています。しかしながら再発のリスクがあることを不安視していました。

再発すればパートナーも不安にさせてしまいますから、その辺も理解して、支えてくれる人に出会って欲しいなと思いました。

間瀬翔太の病院の場所はどこ?

場所などは検索にかけましたが、特定することはできませんでした。

脳神経外科にて治療を行なっていました。手術に向かう前や手術後も変わらずに、インスタにて近況報告をしており自分をしっかり持っている方なんだなーと、思いました。

手術はなんと7時間にも及び、2019年8月には無事退院されています。

まとめ

こんな大きな病気になってしまったら、僕だったら大きく落ち込んでしまい、仕事にならないなと思います、しかしながら間瀬さんは、自分の病気のことを世間に知ってもらえるように活動していたりと、尊敬できるところばかりでした。

間瀬さんの活動によって多くの人が助けられるといいなと強く感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。