ニュース

坪内祐三、佐久間文子(嫁、妻奥さん)の顔画像、経歴は?

評論家の坪内祐三さんが、13日にお亡くなりになったことが分かりました。年齢は61歳でした。

非常に悲しいニュースですね。まだ61歳ということで、誰も予想していなかったのではないでしょうか。ご冥福を御祈り致します。

今回は、坪内祐三、佐久間文子(嫁、妻奥さん)の顔画像、経歴について紹介していきたいと思います。

坪内祐三のwiki経歴は?

連載した著書まとめ

  • 「文庫本を探せ!」『週刊文春』
  • 「坪内祐三の美術批評 眼は行動する」『週刊ポスト』
  • 「人声天語」『文藝春秋』
  • 「坪内祐三の読書日記」『本の雑誌』
  • 「これでいいのだ!」『週刊SPA!』
  • 「あまカラ12ヶ月」『あまから手帖』
  • 「酒中日記」『小説現代』
  • 「リレー読書日記」『週刊現代』

東京都渋谷区本町に生まれ、兄弟は姉と弟が二人いらっしゃいました。幼少期は英語などを習うほど勉学に励み、早稲田高校に進学しました。同校からは、坪内さん以外の進学はないほど、周りから飛び抜けて優秀だったんです。

その後も早稲田大学に進学しています。大学の頃にのちに編集者になる人物や、作家の卵と出会っていたようです。

数々の書籍、エッセイを残すことができたのは幼少期からの影響が少なからずあったのではないかなと感じました。また大学の頃から、周りにも同じ作家などの友人と出会い少しずつ、出版界の世界に進んでいったことが分かります。

その後は父親のコネで都市出版に入社するんです。コネってところが昔を感じますね。コネで入社したのに、3年ほど勤めた後にやめてしまっています。その頃やめたりするのは、コネであれば、現代よりもやめにくいと思うんですが、トラブルがあったようです。

坪内祐三、佐久間文子(嫁、妻奥さん)の顔画像、経歴は?

引用 週刊文春

・1964年、大阪府生まれ

・86年、朝日新聞社に入社

・文化部、「AERA」、「週刊朝日」などで文芸や出版についての記事を執筆

・2009年から11年まで書評欄の編集長を務める。11年に退社しフリーに

奥さんも作家さんになります。とてもお綺麗なかたですね。編集長まで勤めていたということで仕事ができる方だということが分かります。

佐久間文子さんは、坪内さんにとっては再婚相手になります。前妻は、神蔵美子さんになるんです。

坪内祐三に関しての世間の反応は?