スポーツ

松田瑞生選手、マラソン優勝で東京五輪に王手!愛用シューズは?

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦の大阪国際女子マラソンで、松田瑞生選手が優勝しました。

これにより東京五輪へ王手をかけたことになります。素晴らしい走りに、称賛の声多数でした!

ところでマラソンといえば、ナイキ厚底シューズが使用禁止になるとかで騒がれていますが、松田瑞生の愛用しているシューズは何なのでしょうか?

マラソン優勝で東京五輪に王手をかけた松田瑞生選手の愛用シューズについてお伝えしていきます。

松田瑞生選手、大阪国際女子マラソン優勝!

MGCファイナルチャレンジ第1戦として実施されたさいたま国際マラソン(12月8日)では該当者が出なかったため、東京五輪最後の椅子を巡る戦いは今回の大阪国際女子と3月8日に行われる名古屋ウィメンズの2大会。2時間22分22秒以内の日本人1位で走れば、東京五輪の代表権を獲得できる可能性があるとあって、序盤から激しいレース展開となった。

参照:Yahoo!JAPANニュース

ファイナルチャレンジの設定記録「2時間22分22秒」を大幅に上回る2時間21分47秒でのゴールに、松田瑞生選手もガッツポーズで喜びのゴールインでした!

https://www.instagram.com/p/B7xdKZMAczD/

とても素晴らしい走りでしたし、ネット上でも喜びの声にあふれています!

東京五輪の残り1枠に王手をかける!

松田瑞生選手は今回とても素晴らしい走りを見せてくれましたが、まだ東京五輪への切符が獲得できたわけではありません。
次回、名古屋ウィメンズマラソンで今回のタイム「2時間21分47秒」を上回る日本人選手が出なければ五輪出場が決まるというわけです。

でも気迫に満ちた松田瑞生選手のパワフルな走りなら、きっと東京五輪の残り1枠を取得できるのではないでしょうか!

シューズは厚底じゃない!愛用シューズのメーカーは?

今回の松田瑞生選手、注目されていたのは走りだけではありません。シューズにも注目が集まっていました。

というのも、世界陸連がナイキ社の厚底シューズを使用禁止にする動きを見せているからです。多くの選手が厚底シューズにより記録更新してきましたが、松田瑞生選手のシューズはというと……
ニューバランス!伝説のシューズ職人・三村仁司氏のオーダーメイド品でした!

道具ではない、本人の努力や技力だ!ということが結果として現れて、なんだかとても清々しい気持ちですね!

まとめ

力強く気迫に満ちた走りを見せてくれた松田瑞生選手。設定記録を大幅に上回るタイムでの優勝に、気になるのは厚底シューズなのか?という点でしたが、実はニューバランスのシューズでしたね。伝説の職人が作るオーダーメイド品を愛用していることにスッキリした!という声もありましたよ。

このまま東京五輪まで突き進んで欲しいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。