ニュース

横浜市救急隊員のコロナ感染源はいつどこで確定?マスクは無意味?

2月14日、神奈川県内の男性から、新たに新型コロナウイルス による肺炎(COVID19)に感染したとの発表がありました。

横浜市の救急隊員で、30代男性だとのことです。

とうとう救急隊員にまで感染が確認されてしまいました!

この横浜市救急隊員はいつ、どこで感染したのか?
発覚前には陽性患者の搬送に携わっていて、ゴーグルやマスクをしていたとのことですが、それも無意味だったのか?ということについてお伝えします。

コロナウイルス牧田総合病院の医師看護師は誰で確定?名前や担当科は東京都で16日、新たに5人のコロナウイルス感染者が確認されました。 この5人のうち2人は、大田区の牧田総合病院に勤務する医師と看護...
コロナウイルス名古屋のどこで第二赤十字病院で確定?利用交通機関も公表名古屋市でもコロナウイルス感染者が確認されましたね。 14日には60代男性、15日にはその妻で60代の女性の感染が、新たに発表され...
済生会有田病院コロナウイルス感染の外科医師は誰で名前特定?顔画像も2月13日に、和歌山県の済生会有田病院で50代の外科医師が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 しかも一人だけでは...




横浜市救急隊員にもコロナウイルス感染!

2月14日、神奈川県内の男性からも新型コロナウイルス感染が確認されました。

男性は横浜市消防局の職員で、クルーズ船の集団感染で陽性反応がでた患者さんを病院へ搬送する業務を担っていたとのことです。

男性は10日の15時から40分間、ゴーグルとマスクを装着して、陽性患者の搬送業務を行いました。
その日の23時に発熱し38度を超えていたものの、そのまま午前0時半ごろまで、別の救急搬送1件もこなしました。

その後11〜13日は勤務しておらず、14日に陽性反応が出たんだそうで、渡航歴はないとのことです。

当初は、この搬送時に感染した?と見られていましたが、コロナウイルスは潜伏期間が14日間ととても長いのが特徴ですよね。

なので、10日にクルーズ船からの陽性患者を搬送するときには、すでに感染していたという見方が濃厚です。




横浜市救急隊員は陽性患者搬送時にゴーグルマスクをつけていた!

コロナウイルス陽性反応が出た30代の救急隊員は、マスクをつけていたのでしょうか?

10日の陽性患者搬送時には、マスクだけでなくゴーグルもつけていたとのことです。

防護服は着ていたのか?ということに関しては、正式な発表はないものの、普段でもインフルエンザやノロウイルス患者を搬送するときは完全防護服を着ているんだそうです。

だから今回も防護服を着用していた可能性は高いと思われます。

ですが、完全防護服を着ていてもインフルエンザやノロが感染ることもあるようです。
今回もほんの少しの隙間から侵入するコロナウイルスということで、やはり完全に防護することは難しかったのかなという印象です。

ただ、これは陽性患者搬送時に感染した場合に当てはまること。

今回のケースでは搬送時ではなく、それ以前にどこかで感染していたはずですよね。




横浜市救急隊員はいつ、どこで感染した?防護は完璧だった?

この救急隊員はいつ、どこで感染していたのでしょうか?

ロナウイルスの潜伏期間は14日間あります。
それを踏まえると1月下旬には感染していたことになります。

もしかするとただの呼吸器系症状だと思われていた患者を搬送する際に感染したのかもしれませんし、そうではなく普段の生活で感染したということも考えられます。

救急搬送時は、先ほども述べたように完全防護服を着ていたはず。
とは言っても、その隙間から感染したという見方もできますよね。

またネット上では、「ゴーグルやマスク、防護服を脱ぐ前に全身消毒はしているのか?」と疑問視する声もありましたが、搬送対象が感染症患者だとわかっていれば、全身消毒は日頃から行なっていたはずです。

そういうことを踏まえると、勤務時というよりは普段の生活で感染した可能性が高いように感じます

ただ、今回の救急搬送者感染ニュースを受けて、「プロの医療従事者が感染するくらいだから、素人が手洗いうがい消毒しても防げないんじゃない?」などの声が多く見受けられました。




まとめ

この横浜市救急隊員はいつ、どこで感染したのか?搬送時のゴーグルやマスクは無意味だったのか?ということについてお伝えしました。

とにかく潜伏期間が長すぎて、感染源を特定するのは難しいですよね。

もはや感染は防げない域に入っているような気がします。免疫力を高めるよう努めるのが賢明かもしれません!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。