ニュース

マスク転売規制内容まとめ!国民生活安定緊急措置法の違反にならない場合も

10日、政府は国民生活安定緊急措置法の法令改正を決定しました。

違反した者には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科されます。

要するに「マスクの転売規制」のための改正で、マスク不足を解消させるための措置なのですが、マスク転売規制はどんな内容なのか?また、国民生活安定緊急措置法マスク転売規制の違反にならないのはどんな場合なのか?についてまとめました。

マスク再利用でアイロンは使える?エタノールがない場合は洗うだけ?追記あり経済産業省が、「マスクは再利用可能」と周知することを検討しているようです。 本来、使い捨てマスクは再利用不可なはずなのですが、やは...




マスク転売規制は国民生活安定緊急措置法の法令改正

3月10日、政府が国民生活安定緊急措置法の法令改正を閣議決定しました。

新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足が、高額転売目的の買占めであるとみての法改正です。

11日に政令公布し、15日から施行されます。

そもそも国民生活安定緊急措置法とは何ぞや?なんですが、簡単にいうと以下のような法律です。

生活に絶対欠かせない「必需品」が品薄状態になることで、買占めや売りしぶりが生じたり、物価の高騰が起こった場合に、販売者に対し常識の範囲内での「標準価格」で売るよう義務付けるもの

1973年の第一次オイルショック時に制定された国民生活安定緊急措置法は、経済が異常事態時の対処として、国が売買を制限できるようにするためにつくられました。

今回の「マスク」のように、品名を定めた転売規制は初めてのようです。

なので、この罰則は「チケットの不正転売禁止法」を参考にされたとのことです。

 

マスク不足は医療現場にも影響を及ぼすなど深刻化していますし、法で定めるというのは安心材料になりますね!

この転売禁止により、マスク品薄状態が早く解決できるといいですね…!




マスク転売規制の国民生活安定緊急措置法令内容は?

では、マスク転売規制とは具体的にどんな内容なんでしょうか。

まず第一に、仕入れ価格を上回る値段での転売は違反となります。

この時マスクの価格は抑えていても、高額な送料や手数料を含めて全体の価格を上げるのは、利益を得ようとする行為だと捉えられるので、違反となります。

またネットオークションで安値で出品していても、最終的に売買成立した時の価格が仕入れ価格を超えていたら、これも違反対象となります。

  • インターネットオークション
  • SNSを使った不特定多数への販売
  • フリーマーケット
  • 露店などの実店舗

が対象となるようです。

そもそもの目的は、マスクの品薄状態を解消させるための取り組みです。

なので政府も、当初は販売価格にかかわらずマスクの転売自体を禁止するつもりだったようですが、それでは「余ったマスクを少額で売る」という行為も禁止となってしまうため、「販売価格」を違反の要件としたようです。

ちなみに、違反対象となるのは15日以降の売買契約です。

例えばすでにオークションなどで取引成立していて、15日以降に発送するものは違反とはなりません。

 

つまりマスク転売違反とする要件は、簡単にいうと

小売業者などから購入した(仕入れた)マスクであり、仕入れ価格を超える値段で転売すること

です。

ちなみに転売違法対象となるマスクは家庭用マスク、医療用マスク、産業用マスクまでを含みます。

防護マスクや防寒用フェースマスクは対象外となります。




マスク転売規制で国民生活安定緊急措置法違反にならないのは?

マスク転売規制の法令改正が施行しても、違反にならない場合もあるんです。

それは、先ほども述べたように「オークションで14日までに売買契約が成立しており、15日以降に引き渡す場合」は規制対象外です。

 

また、マスクを不特定対数に販売する場合に、この法令が対象となります。
なので一人二人の親族に売る場合は対象外となるようですよ。(親族に高額で買わせるのもどうかと思いますけどね)

 

それから製造業者→卸売業者卸売業者→小売店への卸売取引に関しては、転売ではなく通常の商取引となるため、対象外とのことです。

もし小売店の独断により、異常に高い価格で販売したり抱き合わせで販売したりした場合にも、違反とはならないようです。

が、独占禁止法上の問題となる可能性があるので、また別の罰則がつけられるかもしれません。

まあ、こんなことする店は評判ガタ落ちは避けられないですし、社会的に信用をなくしてしまうため、今後は実行する店はないと思いますけどね。




まとめ:マスク転売規制内容まとめ!国民生活安定緊急措置法違反にならない場合も

政府が国民生活安定緊急措置法の法令改正を決定しました。
マスク転売規制をかけて、違反したものには罰則が科されます。

このマスク転売規制はどんな内容なのか?また、マスク転売規制の違反にならないのはどんな場合なのか?についてまとめました。

この措置によりマスク不足が早く解消して欲しいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気の記事